撮影

光の射し方によって撮られた写真のインプレッションは大きく異なった。つまり同じもの、同じ撮影機材、同じ撮影方法であったとしても、順光か、逆光か、斜光で撮るのかで、全然違った写真が出来上がります。どれがよくてという話ではなくて、実は写真対象について物質の表面反射率や、製品の種類や、素材をどういう風に表現したいときに用いるものです。照明は、日かかるかもしれない反射や全体の構成とホワイトバランス、補償を設定など。

屋外撮影 - 屋外の写真撮影する場合、良い写真を得られるためには、心に留めておくべき重要な事はあなたが取るしようとしているオブジェクトやシーン全体で均一な照明を持つことです。露出オーバー(明るすぎ)スポットをソフトウェアツールで後処理することにより補償することは容易ではない。同様に、露出アンダー(暗すぎ)スポットは、ソフトウェアツールでどのように良い関係なく、無中生有には異常に難しいで有る。曇りしかし、明るい日の下での撮影でも自然と照明を得るために密な影と晴れた日の下のそれよりもはるかに優れています。だから、午前中またはその代わりに正午の午後で写真を撮る、と影の下で被写体を撮影避けるために良いです。

室内撮影 -室内写真は照明が私たち自身のコントロールできるので、撮影にはわりと簡単です。しかし不自然な色温度または非常に低いCRIとの蛍光管を使用場合不自然な照明下でホワイトバランスの補償する必要があります。通常、肉眼は簡単に「白」は、異なる光源下にあるものを区別することができ、ただし、自動「ホワイトバランス」を備えたデジタルカメラ、人工的に色が青、緑またはオレンジで着色さに見えるようにするかもしれない色の補償を導入されます。

弊社は、お客様のご要求を合わせて異なる照明機器やシナリオの設定で社内写真撮影スタジオに揃ってあります。あなたがどんなオブジェクトでも、例えジュエリーや、時計やプレミアムアイテム、またはファッションを搭載したモデルのような大きなのような、我々はあなたの印刷要件を容易にするために、ポスト処理までのタッチサービスで撮影HDプロの写真を提供できる。

弊社の経験者の助言やサービスに依存して、あなたはいち早く御社の顧客により良いサービスを提供するために、本業を集中できるよう手間な仕事を弊社に任せてください。