パッケージング



正しいパッケージングデザインの選択は、製品の成功に大きな違いが貢献しています。生成物は、水分または輸送中に有害物なくべきである。余分な考慮は、使用される材料およびパッケージデザインを選択することがなされるべきである。包装材料の適切な選択送るための製品を保護するのに役立つが、それはまた、製品の総重量に影響を及ぼし、したがってPOSでの製品の取り扱いのコスト及び容易さに影響を与える。

包装材料の選択

プラスチックは、低コスト及び軽量性のために最も使用される材料である。これは、異なるサイズおよび形状に成形することができ、さらに食材に適用することができる。防湿を回避することには大きな問題の一つである場合には、プラスチック製ラップは、水分を保つために真空シールを提供できるように良い選択であるシュリンク。環境の優しいため紙は最適材料選択である、その利点としては商品を保護するための汎用性、強さと安定に必要があるのでしょう。壊れやすい項目については、気泡緩衝材とクッションを使うのはわりと多いのですが、それが大幅にパッケージ自体の全体の重量を増加させないと見られている。

A. ハニカムシートパック - 環境に配慮する場合、すべてセントリサイクル可能なハニカムシートパックは、低コストで汎用性が原因でよく使用されている。卵やモーターや冷蔵庫のような巨大なアイテムのよう繊細な小さなアイテムは、ほぼすべての製品を慎重にダイカットして設計ハニカムボードプロテクターを内部に収納することができます。衝撃保護クッションはまた、ハニカム紙を使用してかさばるアイテムに追加することができる。柔軟性とハニカム紙パックの汎用性も容易にハニカムの密度を調整することによって制御することができる。
B. メタルパッキン - メタルパッキンは、アルミニウム、スチール、またはスズなどの使用が含まれている。それらのほとんどは、何度も何度も再利用することができる材料だように、また新しい原料を包装材料と比較してパッキンを追加するのをわりと少しなくなる。金属缶は壊れないと、細菌汚染のチャンスが少ない不審であるので、それらが保存期間を延長するために密封することができ、非常に多くの場合、食品産業によく利用される。また、金属パッキンが容易にスペースを節約できるために小売店で、最大積載することが容易である。
C. プラスチックパック - プラスチックは多様な包装用途があり、さまざまな方法に成形することができる。しかしより多くの顧客は、環境との慎重であるため、プラスチックの処分は、彼らの主な関心事の一つとなっている。実際には、今日の技術は、リサイクル要件の異なる度合いを満たすためにプラスチック包装を可能にする。プラスチックポリマー(又は樹脂)は、パッケージングが非常に普及してきて樹脂識別符号化 樹脂識別符号化方式は、リサイクルプログラムのニーズを満たすために1988年に導入された。これはまさに私たちがプラスチック包装に日常の参照番号と矢印である。例えば:
#1. ポリプロピレン(PETまたはポリエステル) - カーペット、トートバッグ、フィルムなどとして再利用することができる;
#2. 高密度ポリエチレン(HDPE) - 家庭用洗剤、分別ゴミ箱なとして再利用することができる;
#3. ポリ塩化ビニル(PVC) - カーペット裏地、床タイルなどとして再利用することができる;
#4. 低密度ポリエチレン(LDPE) - ゴミ箱などとして再利用することができる;
#5. ポリプロピレン(PP) - バッテリーケース、自転車ラックなどとして再利用することができる;
#6. ポリスチレン(PS) - ビデオカセットケーシング、通気口などとして再利用することができる;
#7. そのほか

ID Code

D. ブリスターパック - ブリスターパックは、事前に形成されるか、または成形プラスチック(通常はEPSまたはPEフォーム)熱がパッケージングコストを削減するために印刷された板紙のカードの上に密封されたと製品パッケージの特定のタイプです。この包装は、医薬品また電子製品を保存するためによく使用されている。万引きの被害を避けるためブリスターパックから小物をこっそり盗めない上を品物の内容を表示でき、消費者に見せられるが思いとどまらされる。一方、製品自体の詳細は板紙カードの裏材上または表面に印刷することもできる。
E. スキンパック - スキンパックとブリスターは非常に似ています。一つ重要な違いはブリスター包装は、事前に形成されたプラスチックから作られているが、それが真空または縮小ラップ技術によりパッケージ化されているようである。スキンパックは、ブリスター包装よりも安全性が低く、製品自体の周りにワープが形成されている。セキュリティ等の小さなハンドツール、小さなおもちゃのような最小限の懸念される場所スキンパックは、通常は低コストの項目に使用されている。
F. ダイカット - 切断または剪断の事である。印刷した後、普通紙カッターで行うことができない形状に紙を切断するために使用されるダイ。これは、ウィンドウのように最大限の重要な時に特殊な形状、ラウンドコーナー、薄いストライプのものであり、製品の正確な寸法にポケットが必要である。特別なきれいな折り目、包装箱、フォルダ、およびポケット組み合わせることで、オーダーメイドの顧客の要求であることができる。