グラフィックデザイン

グラフィックデザインは美学を通して、製品のユニークな機能を備えた創造的なアイデアを組み合わせたプロセスである。当社は、製品の設計コンセプトを伝えるのに役立つ上、あなたの顧客にバナー、チラシ、ロゴ、チラシ、製品カタログなど、およびパッケージデザインでも弊社にお任してください。 グラフィックデザインは、次の要点が一つまたは複数含まれています:

A. シンプルがベストです;
より単純な要素で、あなたのターゲット顧客に現わしたいメッセージを減らずその本質を簡単に伝えることだ;
B. 画像と文字処理
画像処理
a.色の選択:画像の色を選択することは、特にルールはないが、産業によって特定の色の好みがあります。例え食品業界では一般的に赤、オレンジ、黄色を使用する。水産業界は、通常、青い好むながら化粧品やトイレタリー業界は通常、白色を好む。これらはすべて、消費者行動の心理的な問題に関連している;
b.コントラスト処理:コントラストを利用:通常は線を一本で画像のそれぞれセクションを区別でき。もしくは違い色を用いて空間の特徴を現わす;
c. グラデーション処理:画像の背景色一つ場合、画面はグラデーション後処理をかけたほうが代わりと美しく見える。しかしグラデーション処理は節度と繊細さ、デザインの成功の鍵です;
d. ぼかし:デザイン全体か或いはオブジェクトをぼかすことによって、プロジェクトの効果を高めることができます。焦点は、少なくとも部分的に、相対的である。一つのオブジェクトをぼかすことによって、それが別のフォーカスをもたらす。ボケも深さまたは階層化の感覚を与えるために使用することができる;
e. レイヤー: グラフィックデザインでレイヤーを使用すると、画像の深さを向上させる。グラデーションの使用と同様にレイヤーを使うとバナーやポスターは、自体が絵に別の次元を増加する。
文字処理
a. 活字面:活字面を選ぶルールは特にありませんが、しかし業界によってその印刷物が一般的に汎用されているのはある。例え:レストランのメニューはHelvetica、Baskerville、Requiem、Lavanderiaなど;
b. 文字間隔:文字間隔、またはカーニングは、見出し、段落、ロゴやテキストを伴う他の何に大きな違いを作ることができます;
c. 大文字:大文字によるメッセージは強調表示したい、これはニュースやタイトルを見出しとしてよく使用される。